交際クラブ今昔事情
多きゃぁいいってもんじゃない!!

多きゃぁいいってもんじゃない!!

登録女性が仮に1万人いたところで、絶対に登録番号が1000番台の女性を指名することはあり得ない。いや、9000番台の女性でも、指名などしない。

番号が1000番古ければ、どうせ、1年以上前に登録した女性である。

毎月、たくさんの女性会員が入ってくるのに、1年前の女性を指名するなんてことを考えるバカはいない(松嶋菜々子なら、考えるかもしれないが・・・・)。

一度、完全ど真ん中の古い女性がいたことがある。

これだ!!

電話をしたら、新しい女性会員とは違い、すんなりセッティングが決まった。

どきどきしながら、待ち合わせ場所で待っていたら・・・・

おいおい、写真と違うじゃないか!!!

ど真ん中の女性で、写真と違う女性が来ると、本当にがっかりする。おまけに、話をしてみると、完全にすれっからしだ。

写真とは違うが、それなりに可愛いので、昔はずいぶんとセッティングが入ったのだろう。男が悪いのだが、ずいぶんいい思いをしたらしく、完全にプロ!になっていた。デリヘルよりも始末が悪い。

人間は弱い生き物だ。甘い汁には勝てない。甘い汁にどっぷりとつかってしまった女性は、もうまともには生きていけない。

古い番号の、可愛い女性だけは、指名してはいけない。嫌な気分になる。

かといっても、他の交際/デートクラブは、何年も営業しているのに、登録女性が100人とか200人くらいしかいないところが、ほとんどだ。

もう、こんなところには絶対に入会してはいけない。新規の女性会員もろくに入ってこないのだから、いいところはない。

少なくとも、新規登録女性が毎月100人以上の交際/デートクラブを選ぶことをおすすめする(まあ、青プラ以外にはひとつしかないのだけれど・・・)

少ない男性会員に、少ない女性会員を、バカ高い価格で紹介しているところもある。

女性の質は高く、男性会員もセレブが多い交際クラブだ。

ひとりの男性にひとりの女性を紹介して、つきあいが始まれば、その女性を他の男性に紹介したりはしないそうだ。

ただ、そのつきあいが終われば、その女性は、次の男性に紹介されることになるシステムだ。

たくさん紹介しない代わりに、女性を使い回している感はどうしても否めない。

かと言って、そんなに上質の女性を増やすこともできないので、仕方がない。

やはり、もっとも大切なことは、

既存女性会員の数、質

ではなく

新規女性会員の数と質

ということになる

ページトップへ