交際クラブ今昔事情
ネット広告費は交際/デートクラブの生命線

ネット広告費は交際/デートクラブの生命線

交際/デートクラブにとっての生命線は間違いなくネットの広告宣伝費である。ネット上での広告宣伝費を多くかけている交際/デートクラブほど、上質な女性が多く集まっていると考えて良い。

なぜならば、交際/デートクラブは法的に広告宣伝が限られた媒体でしかできないからだ。紙媒体も広告を載せる媒体が限られる。ネットもリスティング広告はYAHOO、Googleの規制で載せられない。

すると、ネットでの上位表示が必須となってくるし、サイトもいろんな情報を開示して、お客様を集客しなくてはならない。多数の上質な女性会員を集めるには、この方法しかないのである。

よく、芸能プロダクション提携とか、モデル事務所提携とか書いてあるクラブがあるが、所詮数は限られている。口コミによる集客も同様だ。限界がある。

そういった意味で、ネット上での広告宣伝費をたっぷりとかけ、サイト上でいろんな情報を開示しているサイト、読ませるサイトを作成できているのは青山プラチナ倶楽部しかない。当然であるが、露出の多さ、サイトの出来、内容の濃さ、どれをとっても女性は青山プラチナ倶楽部を選ぶしかないはずだ(男性もだが)。

一度他の交際/デートクラブのサイトを見てみれば一目瞭然だ。全く内容のない写真の切り貼りサイト、もしくは青プラの猿まねサイトばかりだ。

ページトップへ