交際クラブ今昔事情

セッティングは2ヶ月後

はっきり言って、青プラよりも登録男性が多い交際/デートクラブなど、ひとにぎりしかないのだが、業界最大手の交際/デートクラブには不満が残った。

男性会員が多くていいことなど、一つもない。悪いことだけだ。

そのクラブは、料金は高いが、サービスも悪くないし、女性の質もまあまあ。

ただ! 砂糖にたかる蟻のごとく、ひとりの女性にたくさんの男がよってたかって・・・
という感じだ。

毎週、決まった日に、新規女性会員の写真がサイトにアップされる。しかし、何時にアップされるかわからない。人気のある女性会員は、アップされた時間と同時に電話しなければ、まずセッティングは2ヶ月後になる。

かと言って、パソコンの前で、サイトがアップされるのを待っているなんて、できるわけがない。

VIPな女性は、サイトにアップされる前に、前もってメールで送られてきたりもするが、それにしても、すぐに見て、いい子がいたら、即連絡しなければ、結局2ヶ月後になる。

それに、前から思っていたのだが、女性の写真をメールに添付して送ってくる。それもたくさんの男性会員に。

これって絶対にやばい!

女性達の添付写真はPCや、携帯を通じて、無限に出回っているに違いない・・・

女性会員達のプライバシーは、まったく守られていない。

やはり、青プラのように、メールにはリンクを貼り、写真はサイトに見に行かせなければ、情報はだだ漏れだ。

青プラのすごいところは、女性会員を無制限に男性会員に紹介したりはしない。

なぜか?

データベースができているのだ。

男性会員の女性の好みが、過去のデータをもとに分析されている。そして、好みの女性のタイプだけを抽出して紹介している。

この手法は、完全に上場企業のリサーチ方法である。たいしたものだ。

これならば、どんなに男性会員が増えても対応できる。

もちろん、無制限に紹介した方が儲かるに決まっているが、青プラはその部分の利益に手を出すことはないと考えているそうだ。

客の不利益=クラブの衰退

と考えているからだ。

ページトップへ